JaSIA - グローバル化に即した資産評価制度の普及・促進により、国際競争力強化に寄与します。

ASA国際資産評価士(機械・設備)養成講座 講座概要

【演習を通じて評価実務を修得】評価原論(POV:ME201~ME204) 講座概要

img_dentaku
当講座の修了は、資格取得の要件の1つとなっており、講義、演習、修了試験で構成される全4回の講習を通じて、グローバルスタンダードに基づく機械・設備評価の理論及び実務を修得します。

※演習では実際の計算を多数行いますので、「金融計算機能を有する電卓」をご持参ください。

本講座を構成する4コース(評価原論)の概要

ME201 イントロダクション
機械設備評価の基本用語・概念を修得し、評価士になるための基礎を構築します。

履修内容
用語の定義、評価の機能と目的、主要評価手法(コストアプローチ、マーケットアプローチ、インカムアプローチ)、減価要素、現地調査、価格指数活用の基礎、評価額決定プロセスの演習、評価規準と倫理等

事例演習:包装会社の製造ライン等

ME202 評価手法
ME201の履修内容を掘り下げ各種評価額に関する理解を更に深めていきます。

履修内容
価格と価値、間接費用、指数の活用、Age-Life分析、機械設備で使用される各種価値概念(再生産・再調達コスト、公正価値、各種処分価値等)、評価目的に対応した結論の構築等

事例演習:プラント、工作・建設機械等

ME203 上級テーマと事例研究
ME201及び202で修得した概念・テクニックのより高度な活用を学びます。

履修内容
ベキ指数の活用(コストエンジニアリングに基づく手法)、再生産・再調達コストの推定による算出、機能的減価の算定、調査手法、現在価値の概念等

事例演習:オイルターミナル、航空機等

ME204 上級テーマと報告書作成
ME201~203での履修事項の総括と復習の後、総合課題を通じ、知識の定着を目指します。

履修内容
USPAP(米国鑑定業務統一基準)/IVS(国際評価基準)、評価倫理、レポート作成、より高度な減価額の査定、低稼働資産の評価、リース取引(リースで使用される各種評価額)等

事例演習:製鋼所の評価、総合演習等

<お問合せ先>
一般社団法人 日本資産評価士協会
〒160-0022 東京都新宿区新宿1-12-12‐5F TEL:03-3358-9883
http://www.jasia-asa.org/

ページの先頭へ